年末調整の基礎知識

 

年末調整という言葉は、一度は聞いたことがあると思います。

では、年末調整とは具体的に何をしているのでしょうか。基本的な知識と併せて確認をしていきましょう。

 

大まかに言うと、所得税の精算作業です。毎月の給与や賞与の明細を見ると、所得税が控除されていると思います。ですがこの所得税、実は概算の額を差し引いているのです。そのため年末に、1年間で控除された所得税の額と、本来収めるはずの税額の差を調整して、正しい額に直します。これを、年末調整といいます。

年末調整でお金が返ってきた、もしくは多く支払った、という経験もあると思います。

 

年末調整は、毎年1月1日~12月31日の1年間に支払った給与や賞与が該当します。ここから控除された源泉所得税を精算します。

しかし、どうしてこのような差が生まれてしまうのでしょうか。月々に控除している金額と、実際の納税額が違うのは、そもそも月々の給与の計算の仕方です。

毎月の給与を支給する時には、配偶者特別控除や、製麺保険料などを考慮せずに計算していたり、年の途中で扶養親族に異動があるという場合もあります。その都度修正するのも大変ですし、わざわざさかのぼって修正をするのも手間になります。

年末に一括で調整した方が、手間がかからず楽なのももちろん、間違いを防ぐためにも有効な手段と言えるでしょう。

 

この年末調整ですが、対象となるのは、会社に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出している人が原則となります。会社に勤めている人は、書かされた記憶もあると思います。年末まで勤務している人は、原則全員が行う必要があります。もちろん対象とならない人もいますので、どちらになるのか注意が必要です。